ブログ

ドレスの選び方【レンタルドレス】

こんばんは!コナンです。

今日は、ドレスと言ったら結婚式!ということでよねちゃんに続き、第二回目の結婚式のマナーを学ぶのコーナーです。

今回のテーマは【ドレス選び】

ドレス選びといっても花嫁側ではなく、ゲストの皆さんのドレス選びについて学んでいきたいと思います。

▽ドレスの色

さて、突然ですが皆さん!結婚式のドレスは何色を着ていきたいですか?

ピンク?オレンジ?ブルー?ホワイト?ブラック?

白と答えたそこの君!!白のドレスを着ていったら周りから白い目で見られますよ!!

一般常識となっていると思いますが、ゲストが白のドレスを着ていくことはマナー違反です。

なぜなら白色は花嫁の色だから。

結婚式の主役は誰ですか?決してゲストではありません。結婚式の主役は花嫁なんです。

実は私大学時代に婚礼場でアルバイトをしていたことがあるのですが、婚礼中のスポットを必要とするときは必ず花嫁に合わせて光を当てていました。

花嫁と花婿が離れたときは花嫁に当てる。光の高さも花嫁ベース。

それもこれも全部結婚式の主役は花嫁であるという理由です。

大好きな人の結婚式を精一杯華やかにするためにもゲストのドレスは色物がお勧めです。

私がアルバイトをしてた中で、白に近いピンクとかベージュを着ている人も多く見かけましたが、客観的にみて色物を着ている人の方が素敵だなーと思ってました。

個人的な感覚ですが、、、。

黒もNGではないのですが、男性はほぼスーツなので女性まで黒色のドレスを着ていたらせっかくの結婚式がまるでお葬式みたくなってしまいます。

華やかな結婚式にするためにも是非カラーのドレスを着て行って下さい。

※花嫁のカラードレスとかぶらないようにするために、花嫁の好きな色などはやめておくと無難です。

最近はバイカラーのドレスも出ていますが、バイカラ―=別れるが連想されるので出来れば避けておいた方が無難です。

もちろん、露出の多い恰好で行くのもNGです!

参加しているのは友達だけではないのです。

親族や会社の上司なども来ています。目のやり場に困るなんて言われることのないよう、最低限の礼儀は守りましょう。

▽ボレロに関して
ドレスを着ると気になるのが二の腕。どうしても隠したくなってしまいますよね。

でも動物系のファーのボレロを着ていくのは避けた方が良いです。

理由は「殺生」を連想してしまうから。

折角のめでたい席なので、ファーのようなものは避け、気になる二の腕はストールで隠しましょう☆

▽靴
ドレスを選ぶときははそれに合わせる靴のことを考えますよね。

普通ヒールを履いていきますが、ヒール部分は少し細めの方がドレスにはあっています。

ここでも注意事項があって、つま先がでている靴は避けましょう。

つま先が出ている=妻先にでる

が連想されるからです。

結婚式はこういう言葉遊び的なのがマナーとして繁栄していることが多いですよね。

たくさんありますが、知らないと恥ずかしい思いをすることがあるので極力調べて万全の態勢で臨みましょう。

▽ストッキング
ストッキングはもちろん肌色です。

黒はお葬式の時に履かれるものです。黒のストッキングをはいていくのは絶対にやめましょう。

最近は肌色のストッキングにラメが施されているものもあるので、ラメ入りのストッキングとかを履けば可愛さがプラスされるかもしれませんね。

▽ヘアメイク
ドレスも決まった!ヒールも決まった!

そうなれば後は髪型ですね。

結婚式では髪をおろすのではなくなるべく髪の毛はアップにして臨みましょう。

自分で出来る人もいるかもしれませんが、少しでも不安があるのなら美容室に行くのが無難です。

美容師さんはプロなので、きちんときれいに仕上げてくれます。

また、持ちも良いので2次会があるときでも安心ですね。

さて、これで頭の先からつま先まで完璧にマナーに沿ったコーディネートできるのではないでしょうか。

簡単に今回のおさらいをすると
1. 結婚式は花嫁が主役。花嫁の色である白や花嫁が来そうなカラードレスの色は避けるべき。

2. 殺生がイメージされるものは避けるべき。

3. 露出が多いのは避けるべき

4. いざとなったらプロにまかせれば安心!!

というのが重要なポイントですね。

今年で23歳になり、これから第1次の結婚ブームやってくると思われるコナンはとても結婚式に参加したいです。

今までは主催者のサポートとしてしか参加したことがなかったため、今度は是非結婚式に友人として参加したいです!だって美味しいご飯やお酒が飲めて幸せな空間なんですよ!

誰か早く結婚してくれ!!!!!

頼む!!!!!!!!!!

以上、他力本願で結婚式に参加しようとしているコナンでした。

またマナーを学ぶコーナーで一緒にお勉強していきましょう!

へばなー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る